株式会社 日進堂印刷所 (福島県福島市、郡山市、宮城県仙台市、東京都千代田区) Contentsを省略し本文へ ホーム/製品とサービス/販促支援商品/3DレンズシートHALS

Kizunaいつも、大切な想いのなかに。

3DレンズシートHALS
初体験の立体感!
新世代レンズシートHALSをご存知ですか?

HALS(ハルス)とは。

 HALSは3Dレンズシートで、立体感のある画像を表現する商品です。
 微細なレンズを碁盤の目状に規則的に配列したマイクロアレイレンズシートと、特殊パターン印刷の相互効果で立体感を演出します。

マイクロアレイレンズの構造図
▲マイクロアレイレンズの構造図

ハルス

 3Dメガネを使ったり、特殊な観察方法(平行法、交差法)など、特別なことをせずに誰でも裸眼立体視が可能です。また、今まであったCDシートなどと違い、360度どの方向から見ても3D効果が得られます。

立体視分類表
※HASL(ハルス)は、グラパックジャパン株式会社の登録商標です。

よくある質問

Q:どんなものが作れるのですか?
A:HALSは加工適正に優れ、マウスパッドやステッカー・コースターはもとよりパッケージにもご利用いただけます。ノートなどのステーショナリーにも多数ご利用いただいております。アイディアが広がる夢のような商材です。

Q:なぜ、立体にみえるの?
A:HALSは従来になかったまったく新しい原理を応用したもので、シートの表裏にあるマイクロレンズと3Dドットパターンとの間にできるモアレ現象を利用してできています。従来の両眼視差でなく、空間周波数の変調による運動視差と視覚輻輳で誰にでも見やすい3D効果を実現しています。

Q:なぜバックパターンが必要なの?
A:HALSは特殊レンズシートにバックパターン(●や★)を印刷することで視覚効果をもたせ立体感を演出する技術だからです。 HALSによって作られる立体感は、通常の自然画タイプ3Dとは異なる、レイヤータイプ(階層型)の3D効果となります。

Q:パターンの形はなんでもOK?
A:当社では、星やハートなど多様なパターンをご用意しております。特注パターンにつきましては、豊富な実績基づく技術的なアドバイスができますのでご相談ください。

Q:階層とは何ですか?
A:HALSには、印刷面に対してパターン面を沈ませるパターンと逆に浮かせるパターンがあります。それにより生じる奥行きを階層と呼んでいます。印刷面に対し沈み階層と浮き階層をプラスして3階層となります。

Q:レンチキュラーとどこがちがうの?
A:レンチキュラーはかまぼこ型レンズで両方の目で視て、その差を感じて立体にみせています。これは、かまぼこ状がタテ方向の時に立体に見え、ヨコ方向の時は効果がでません。ハルスは、タテ・ヨコ・ナナメどこから視ても立体に見える技術です。



株式会社 日進堂印刷所
〒960-2194 福島県福島市庄野字柿場1-1(福島西工業団地)
TEL:024-594-2211(代)/ FAX:024-594-2041/mail:info@nisshindo.co.jp